スポンサーリンク





内田理央の才能開花!バラエティーからドラマ、モデルとしても活躍のだーりおから目が離せない
オタク丸出しでもモテる、特化した才能は驚きの連続です。

仮面ライダーでは警察の格好していましたが、その後主演の

 

「血まみれスケバンチェーンソー」

 

ではセーラー服にふんどしでお尻を見せるなど
勇猛果敢に攻めつつも、女性誌ではモデル、男性誌ではグラビアと幅広く
その中でも本人は漫画やアニメの重度はオタクと言う、異色な人物
今後の展開が楽しみです。

内田理央さん

愛称   だーりお、りおたん、りおりお、うっちー、りおさま
生年月日 1991年9月27日
血液型  O型

略歴(wikiより)

デビュー   2010年
2010年4月、日本テレビ『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜』でデビュー。同年6月、「日テレジェニック2010」に選ばれる[5]。同年9月、雑誌『B.L.T.』の企画「B.L.TRAVELファンイベントバスツアー」から結成された事務所非公認ユニット「LPG」のメンバーとなる。

2013年11月27日、「LPG(事務所公認)イベントVol.1」(2014年1月25日)の選抜メンバーに選ばれる。

2014年3月21日、劇団マツモトカズミのレギュラーメンバー1期生に選ばれる[6][7]。

2014年3月25日、日本大学を卒業[8]。

2014年10月からテレビ朝日系列の特撮テレビドラマ『仮面ライダードライブ』にて、詩島霧子役を演じ本格的に女優デビュー[5]。2015年10月からは、ファッション雑誌『MORE』の専属モデルとなる[4][9]。

2016年、映画『血まみれスケバンチェーンソー』で初主演[10]。同年9月25日、オフィシャルファンクラブを開設。

また、ニコニコ生放送「WOWOWぷらすと」(毎週月〜金 19:30より配信)で、MCを担当している[5]。
2017年7月より「決戦は金曜日!」(フジテレビ系)内田理央(25)、グラビアアイドル・葉加瀬マイ(30)、高学歴お笑い芸人の石井てる美(34)

今後の展開予想

マンガやアニメ好きな重度のオタクなんです。レトルトカレーも大好きで、週に3回は食べるほど詳しいらしく
仲がいいという弟もかなりの鉄オタだとらしいです
そんなオタクな素養を生かして、AbemaTVの冠番組『内田理央のオタカレ募集中!』では、
その名の通りオタクな彼氏を募集する企画にも挑戦しており、
毎回、オタクたちとハイレベルなトークを繰り広げると言う
まさにオタクの女神と言っても良いかも知れません。

これからもオタク女子でモデルと言う地位で楽しみにしています。

wikiよりエピソードもどうぞ

見た目はギャルだが根はオタク。
小学生時には「ちゃお」読者ページのイラストはがき職人だった。
従兄弟に薦められたのをきっかけに「カイジ」にハマリ、中学のときに友達にはじめて薦めた漫画も「カイジ」だった。
その後は週刊少年ジャンプのハーレム系漫画やパンチラ系漫画が好きになった。

芸能界入りのきっかけはスカウト。
事務所に入って1週間で『日テレジェニック2010』のオーディションを受け、水着で「ハレ晴レユカイ」を踊りながら熱唱したところ合格し、『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜2010』への出演が決定。
初回収録時は、デビューして2週間だった。番組でのキャッチフレーズは「ド新人アイドル」。

アニメ『けいおん!』の影響から、高校時代にはバンドを組んでいたことがある。
横山ルリカ(元アイドリング!!!9号)とは生年月日、血液型が同じ。
「負けたら打ち切り!番組対抗No.1決定戦」(エンタ!371・Pigoo HD、2011年1月1日)で初対面した。

『アイドル☆リーグ!』の企画として、prediaに1か月間「留学」。
2013年11月10日にはメンバーとしてライブに出演。
2014年2月11日、9枚目のイメージDVD『OVER がんばりお』イベントにて、「だーりお共和国」を建国。大統領に就任。

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の大ファン。
シリーズで特に好きなのは4部と5部で、一番好きなキャラクターは岸辺露伴。
自宅にはコミックやフィギュアといったアニメのグッズが大量にコレクションされている。

スーパー戦隊シリーズの中で一番好きだったのは『忍者戦隊カクレンジャー』。
『仮面ライダードライブ』への出演が決定する前から、平成仮面ライダーシリーズは全般的に見ていた。
特に好きだったのは『仮面ライダーカブト』。
主人公の天道総司(水嶋ヒロ)のヒーロー像が新鮮で、ヒロインの1人であり「戦う女の子」の高鳥蓮華(手嶋ゆか)に憧れていたという。

『天装戦隊ゴセイジャー』(2010年)のゲスト役のオーディションを受けており、合格が決まりかけていたが起用には至らなかった。
同作品でプロデューサーを務めた『仮面ライダードライブ』チーフプロデューサーの大森敬仁が、『ドライブ』のオーディション資料で内田の名を見つけ、推薦したことで起用に至ったという。

内田は『仮面ライダードライブ』に起用されなければ芸能界を引退することを考えていたといい、
「18歳でデビューし、社会人となる23歳が区切りと考えていた。
自分の納得のいく仕事ができなければ辞めることはずっと考えていた。辞めたら就職するつもりだった」と述べている。